抜け毛の主な原因ってなに?

髪の毛は男女別・体質等で周期は様々ですが、基本的には次々の再生し、活発な細胞分裂を繰り返して成長していきます。
女性の髪の寿命は前述しましたが、2~6年4~6年で必ず抜け変わり、毎日50~100本くらいが抜け落ちます。

この際、同じ毛包で再び髪の成長がスタートし、それが一生繰り返されるのですが、様々な理由でこの成長サイクルが短くなったり、いわゆる毛根が死んでしまうと抜けるサイクルが早く、多くなって、いわゆる「抜け毛が気になる」状態になり、量も減ってくるのでいわゆる「薄毛」になってしまいます。

薄毛・抜け毛の原因は男女で異なりますが、それぞれホルモンの影響や生活スタイル、食事・遺伝など、さまざまな要因が絡み合い起こります。

●男性の場合
男性ホルモンの変異により薄毛になる方が大半のようです。その原因は、加齢や遺伝、ストレス、食生活や遺伝などによって引き起こされます。

●女性の場合
元々女性は男性と比べ、女性ホルモンのバランスによってヘアサイクルは乱れにくいものですが、年齢と合わせ生活習慣の乱れ等によって女性ホルモンが減少し、若くても抜け毛が多くなってしまうこともあるようです。

主な原因を大別すると、以下のようになるそうです。

生活習慣による脱毛

・過度のヘアケアによるもの・・ドライヤー、ブラッシング、パーマ、ブリーチ
・牽引性脱毛・・髪の毛を同じ場所で結ったり引っ張ることにより、髪の生え際などが抜けて後退していく
・抜毛症・・ストレスなどによる精神障害、アトピー性皮膚炎による強いかゆみなど
・休止期脱毛症・・過度なダイエットなど
・ヘアケア方法の間違い
・ストレスや睡眠不足
・栄養バランスの乱れ

薬剤による脱毛(何らかの病気で服用している場合)

・薬剤による休止期脱毛
・薬剤による成長期脱毛

女性ホルモンのバランス等

・妊娠や出産時
・加齢による老化
・食生活による栄養不足

何か当てはまりそうな事があれば、改善していくことで、抜け毛は改善していく可能性があります。

生活習慣に関しては、油もの中心で野菜を食べない食生活をしている人は、女性ホルモンを減少させることにつながります。

更年期障害への対策にもなるので、野菜や海草・魚等をバランスよく食べ、「大豆イソフラボン」等を積極的に摂取する食生活に改善する事により抜け毛は軽減されるはずです。

あなたの抜け毛は正常?抜け毛をチェックしてみよう

頭皮が健康な状態でも髪の毛は毎日抜け変わります。
普段の生活の中でも自然脱毛で一日平均100本程度は抜け落ちるものですので、その程度の脱毛であればそんなに気にする必要はありません。

ただし、明らかに異常に抜け毛が増えてきた、薄毛になってきたと感じる方は注意が必要です。

しかし、抜け毛の本数なんていちいち数えていられませんから、自分の抜け毛の本数が平均より多いのか少ないのか、正確に確かめることは困難ですよね。

自分の抜け毛が正常なサイクルの抜け毛なのか、はたまた異常な抜け毛なのかは、抜けた髪の毛の髪質をチェックすることで判断することができます。

正常な抜け毛とは・・・

■毛根が白い
髪の毛の色素は、髪の毛が最後まで成長しきると供給が止まるようになっています。
なので正常なヘアサイクルで抜けた髪の毛の毛根は白くなっています。

■毛根が球状になっている
しっかりと栄養の行き届いた健康な髪の毛は毛根が球状になっています。

■髪の毛がコシがありしっかりしている
正常なヘアサイクルで抜ける髪の毛は、成長しきってから抜けるため、髪の毛は長くしっかりとしたコシがあるのが特徴です。

注意が必要な抜け毛とは・・・

■毛根が黒い
正常な髪の毛は毛根が白くなっているのに対し、毛根が黒い状態の場合は成長途中で抜けていると考えられます。

■抜け毛が短く細い
抜け毛に産毛のような毛がや痩せた短い毛が混じっている場合は、髪の毛十分に成長できていない状態で抜けているばかりか、髪の毛事態に栄養が行き届いていない可能性があります。

■毛根が球状ではない
毛根が球体になっておらず、まっすぐ棒のようになっていたり、細くとがっている、ギザギザ縮れている場合は、栄養不足や血行不良、ストレスによるホルモンバランスの異常などが考えられます。

■毛根に付着物がある
皮脂が過剰に分泌されている、もしくはシャンプーでしっかりと汚れを洗い落とせていない可能性があります。皮脂の過剰分泌や洗い残しは異常脱毛の原因となりますので注意しましょう。

抜け毛を改善するには?

抜け毛や薄毛って、気になりだすと、それだけでストレスになってしまったりしますよね。

抜け落ちた髪の毛が上記のような状態になっていた方や、以前より明らかに抜け毛が増えた、髪が薄くなったという方でも、以下のような対策を取り、生活を見直していくことで抜け毛を改善することは可能です。

あきらめずにコツコツと頭皮の環境を良くしていき、健康な髪の毛を育てましょう。

ヘアヘアを見直す

頭皮への刺激は、抜け毛を悪化させる原因にもなりますのでアミノ酸系や、天然成分を使用したものなど、刺激の少ないシャンプーを選びましょう。
また、乾燥にも注意が必要です。頭皮の乾燥は皮脂が過剰分泌されて毛穴の詰まりを起こす原因となりますので、保湿成分にも着目して選ぶことをお勧めします。

また、『洗髪前に髪の毛を梳かす』『ぬるま湯で洗う』『シャンプーを地肌によく揉みこむようにマッサージする』など、毎日のシャンプーの仕方にもこだわってみましょう。

そしてシャンプーの後はドライヤーで髪の毛を乾かしましょう。
自然乾燥は必要以上に水分が失われてしまい、皮脂が過剰分泌される原因となったり、雑菌が繁殖しやすくなり頭皮が荒れてしまいます。

髪の毛を結ぶ方は、毎日同じ場所で結ったり引っ張ったりすることは牽引性脱毛症を引き起こす原因となりますので、結ぶ位置は毎日変えるように工夫しましょう。

食生活を見直す

塩分や糖質・油の多い食事や、刺激物やアルコールの過剰摂取は頭皮環境を悪化させる原因となりますので、外食やコンビニ食が多い方、濃い味付けが好みな方は注意が必要です。

髪の毛の大部分はケラチンというたんぱく質でできています。
このたんぱく質はアミノ酸から形成されたものですが、髪の毛の生成には必要不可欠な栄養素となっています。
よってたんぱく質が不足すると健康な髪の毛が育たなくなり、薄毛・抜け毛の原因となります。

だからと言って『たんぱく質の多い食品だけ食べまくろう!!』なんてことはやめてくださいね。
たんぱく質だけ過剰にとっても、栄養が偏りますし、その働きをサポートしてくれる栄養素も摂取していかないとあまり意味がありません。
たんぱく質は、その働きを助ける栄養素と一緒に摂取することで効果が促進されます。

たんぱく質の働きを助けるビタミンやミネラルなどをはじめ、いろんな栄養素をバランスよく摂取していくことが大切です。ちなみにたんぱく質は肉や魚、卵、豆類や乳製品に多く含まれています。
これらの食品に加え、野菜や果物などを組み合わせて摂取し、効率よく栄養を吸収できるように心掛けましょう。

生活習慣の改善

・睡眠をしっかりとる・・・睡眠時は成長ホルモンの分泌が活発になりますので、しっかり睡眠をとることで健康な髪が成長しやすくなります。睡眠が不足するとホルモンバランスが乱れたり、皮脂が過剰分泌されたりもしますので、睡眠はしっかりとるように心掛けましょう。

・たまったストレスはしっかり解消する・・・ストレスで円形脱毛症になってしまう方っていらっしゃいますよね。ストレスは頭皮の血行不良やホルモンバランスの乱れを招き抜け毛の原因となります。発散の仕方は人それぞれですが、軽い運動を習慣にしたり、趣味に没頭する時間を作るなど、ストレスをためないことを心掛けましょう。
また軽い運動は血行が良くなりますので頭皮の環境改善にも良い効果をもたらします。

ページのトップに戻る