抜け毛の主な原因ってなに?

髪の毛は男女別・体質等で周期は様々ですが、基本的には次々の再生し、活発な細胞分裂お繰り返して成長していきます。
女性の髪の寿命は前述しましたが、2~6年4~6年でで必ず抜け変わり、毎日50~100本くらいが抜け落ちます。

この際、同じ毛包で再び髪の成長がスタートし、それが一生繰り返されるのですが、様々な理由でこの成長サイクルが短くなったり、いわゆる毛根が死んでしまうと抜けるサイクルが早く、多くなって、いわゆる「抜け毛が気になる」状態になり、量も減ってくるのでいわゆる「薄毛」になってしまいます。

元々女性は男性と比べ、女性ホルモンのバランスによってこのサイクルは乱れにくいものですが、年齢と合わせ生活習慣の乱れ等によって女性ホルモンが減少し、若くても抜け毛が多くなってしまうこともあるようです。

主な原因を大別すると、以下のようになるそうです。

■生活習慣による脱毛

・過度のヘアケアによるもの・・ドライヤー、ブラッシング、パーマ、ブリーチ
・牽引性脱毛・・髪の毛を同じ場所で結ったり引っ張ることにより、髪の生え際などが抜けて後退していく
・抜毛症・・ストレスなどによる精神障害、アトピー性皮膚炎による強いかゆみなど
・休止期脱毛症・・過度なダイエットなど
・ヘアケア方法の間違い

■薬剤による脱毛(何らかの病気で服用している場合)
・薬剤による休止期脱毛
・薬剤による成長期脱毛

■女性ホルモンのバランス等
・妊娠や出産時
・加齢による老化
・食生活による栄養不足

何か当てはまりそうな事があれば、改善していくことで、抜け毛は改善していく可能性があります。


生活習慣に関しては、

油もの中心で野菜を食べない食生活をしている人は、女性ホルモンを減少させることにつながります。

更年期障害への対策にもなるので、野菜や海草・魚等をバランスよく食べ、「大豆イソフラボン」等を積極的に摂取する食生活に改善する事により抜け毛は軽減されるはずです。

ページのトップに戻る